「72の法則」で、資産が2倍になるまでの年数を簡単に計算できます

こんにちは、マスラオです。

お金持ちになるために必要な能力の一つは、資産計画をきちんと立てることです。

資産が2倍になるまでの年数を簡単に計算できる方法を紹介します。

 

 

投資を行うときはリターンを考える

銀行預金の年利を計算してみる

当たり前ですが、何らかの投資(銀行預金含む)を行おうとするとき、

リターンを計算しない人はいないと思います。

たとえば、年利5%の利回りだったら、

100万円預けると、1年後には元本が105万円になって返ってきます。

 

この場合の計算式は、以下のように非常にシンプルなものです。

 

100万円 * (1+0.05)=105万円

 

ちなみに、2年預けた場合も、3年預けた場合も同じように計算することができます。

 

2年目:105万円 * (1+0.05)=110万2500円

3年目:110.25万円 * (1+0.05)=115万7625円

 

このようにして、前年の資産に年利をかけていくことで、

その年の終わりにどれだけ資産を獲得できるかがわかります。

とは言っても、このやり方だとパッと計算したいときに難しいですよね。

「○○万円になるのにどのくらいかかる?」と言われても困ってしまいます。

 

金利計算は逆算が難しい

金利による利益を計算するときは、必ず元本×金利の計算式になります。

これは、「翌年、資産はいくらになっているか」という計算には向いていても、

「○○円貯めるのに、何年かかるか」という計算には向いていません。

 

そこで登場するのが72の法則です。

 

72の法則とその活用方法

f:id:ikasen2011:20190411235611j:plain

72の法則とは、

 

投資した元本が、何年で2倍になるか簡単にできる計算法則

 

のことです。

 

そして、この計算式は以下のようにあらわされます。

 

72 / 金利 = 年数

 

とても簡単ですね。

これだけで、資産が2倍になるまでの期間を簡単に導き出すことができます。

 

◆銀行に100万円預けた場合(金利5%)

  72 / 5 ≒ 14.4

 ということで、100万円を預けて200万円になるのには、

 およそ14年半かかります。

  

同じ100万円でも、以下の場合はどうでしょうか。

◆銀行に100万円預けた場合(金利0.05%)

  72 / 0.05 = 1440

 銀行預金の一般的な金利である0.05%で計算したところ、

 100万円が200万円になるのに、

 1440年もかかってしまうという結果になりました。

  

注意しなければならないのは、この計算は複利にのみ対応しているということです。

 

複利の力は絶大

f:id:ikasen2011:20190411235651j:plain

かのアインシュタインはこう言いました。

 

複利こそ「人類最大の発明」「宇宙で最も偉大な力」

 

複利とは、「元本だけでなく、利子も金利も生む」ということです。

たとえば、上の例で確認したように、5%の金利で100万円を預け、

1年後に105万円になった場合、その翌年は、その105万円に5%の利率、

つまり5万2500円が利子として加算されるということです。

 

その次の年は、105万円+52500円=110万2500円に5%の利子がつきます。

預けているだけで、雪だるま式に利子の金額が増えていくのが複利の力です。

 

複利に対して、元本にしか利子がつかないことを単利と言います。

単利の場合、何年預けても元本にしか利子がつかないため、

複利に比べると資産ののびはゆっくりしたものとなります。

 

複利を最大限に生かす

f:id:ikasen2011:20190411235749j:plain

72の法則は、複利で元本を運用した場合、何年で元本の2倍になるか計算する式です。

 

複利の力を最大限に生かすには、元本・金利・年数のどれもが

マックスになるようにするのが望ましいですが、

元本にはお金が必要ですし、年数も辛抱強く待てる人とそうでない人がいます。

 

そうすると、計算式の中で操作できる変数は「金利」のみになります。

 

私たちは、72の法則を使って、どの投資方法が最も金利面で有利かを

確かめる必要があります。

もちろん金利は良いに越したことはないのですが、

現実の投資では、金利以外のリスクにも気を配った上で、

様々な投資を比較して資産運用を行うと思います。

その際に、72の法則を使って、複数の投資間に、どれだけ年利の差があり、

2倍にするには、どれだけの期間があるか知ることは良い目安になるでしょう。