「GAFA」の次にくる「BATH」とは何か【米中対決】

こんにちは、マスラオです。

我々の生活がGAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)に支配され久しいです。

GAFAのどれとも接点を持たずに日常生活を営むことは、もはや不可能なレベルです。

GAFAはどれもアメリカで創業された企業ですが、

これらに対抗しうる企業として注目されている4つの企業が、通称BATHです。

 

 

 

我々はGAFAにどれほど支配されているか

ひとまず、GAFAがどれほどすごいのか、一旦振り返ってみましょう。

GAFAのメイン事業のシェアを、企業ごとに見てみましょう。

 

Google

言わずと知れたインターネット界の巨大プラットフォーマーです。

検索エンジンの世界シェアは圧倒的に1位。他の追随を全く許しません。

 

f:id:ikasen2011:20190501102335p:plain

検索エンジン世界シェア推移

 

上の推移グラフを見てみると、

Google以外の検索エンジンは数パーセント程度 で安定して推移していますが、

Googleは常に90%以上のシェアを占めています。

かつて、日本では、Yahoo JAPANが圧倒的なシェアを占めていましたが、

ここ数年で一気に逆転してしまったようです。

 

なお、現在Googleがシェアトップでない国は、中国とロシアのみということです。

(それぞれ、BaiduとYANDEX RUがトップ)

 

他にも、Google Home、Pixelなどのハードウェアや、

Androidといったスマートフォン用のプラットフォームが有名ですね。

 

 

Amazon

インターネット通販の最大手です。

会社名と同じ、Amazon.comを運営しています。

最近では、AWSなどのBtoBサービスや、Amazonプライム、ミュージックなど、

クラウド型のコンテンツ提供も盛んに行っています。

 

f:id:ikasen2011:20190501103448p:plain

2017年版「ジェトロ世界貿易投資報告」総論編(ポイント)https://www.jetro.go.jp/ext_images/_News/releases/2017/7aea93e5ad0dc1c8/1r-1708.pdf

 

上記は、BtoC事業における各国のシェアです。

2016年のデータではありますが、主要国での市場シェアは、

日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスでAmazonが1位になっています。

 

 

Facebook

こちらも言わずと知れたSNS界の雄ですね。

中国、ロシア、東欧などの一部地域を除き、ほとんど全ての国で

InstagramやTwitterなどを抑えてシェアナンバーワンです。

 

f:id:ikasen2011:20190501104054p:plain

世界のSNSシェア https://vincos.it/world-map-of-social-networks/

 

ちなみに、日本のSNSシェアは、1位Facebook、2位Twitterとなっています。

どの国でもFacebookは大体1位ですが、2位はInstagramかTwitterか分かれるようです。

 

Apple

日本では、圧倒的なシェアを誇るiPhoneですが、

世界市場では、Androidに大きく差をつけられています。

下図は、OS別のシェアの推移ですが、

ほぼAndroid端末とiPhone端末の売り上げに比例すると考えて問題ありません。

 

f:id:ikasen2011:20190501105329p:plain

OS別世界シェア

 

 

BATHとは何か

BATHとは、GAFAのように、巨大IT企業4社の頭文字をとった略称です。

GAFAはアメリカ企業でしたが、BATHはすべて中国企業であるというのが特徴です。

 

B:Baidu(バイドゥ) 

A:Alibaba(アリババ)

T:Tencent(テンセント)

H:Huawei(ファーウェイ)

 

Baidu 

GAFAで言うと、Googleに相当する企業です。

中国の検索エンジン最大手で、コミュニティやマルチメディアサービスの展開など、

まさしく中国版Googleとも言うべき企業です。

 

f:id:ikasen2011:20190501114556p:plain

Baiduのトップ画面は、かなりGoogleっぽいです

 

Baiduは今のところ、中国以外では広く使われていませんが、

一応日本でもサービスしているみたいですね。

 

Alibaba 

f:id:ikasen2011:20190501114734p:plain

 

GAFAで言うと、Amazonに相当する企業です。

中国のオンライン商取引最大手です。

 

会長のジャック・マー氏が最近引退を発表したことが話題になりました。

また、若き日のマー会長がソフトバンクの孫氏から出資を受けたことから、

孫氏との個人的な結びつきが強いことでも有名です。

 

f:id:ikasen2011:20190501122353p:plain

 

Tencent

f:id:ikasen2011:20190501114825p:plain

 

GAFAで言うと、Facebookに相当する企業です。

ただし、TencentはSNSの企業ではなくゲーム会社です。

時価総額ではアジア1位になったこともあり、売上高では世界最大のゲーム会社です。

 

f:id:ikasen2011:20190501122720p:plain

ForbesJAPAN https://forbesjapan.com/articles/detail/21322

 

上のランキングは、ハードウェアの売上高を含んでいませんが、

2017年時点で、テンセントは、ソニー、アップル、マイクロソフトなどを凌駕し、

世界最大のゲーム事業売上高を誇っています。

 

Huawei

f:id:ikasen2011:20190501115759p:plain

 

GAFAで言うと、Appleに相当する企業です。

通信機器を提供するベンダーとしては、世界最大の企業であり、

スマートフォンのシェアでもSamsungに次ぎ、Appleと世界2位の座を争っています。

 

日本では、スマホ事業で存在感を発揮しているため、

Baidu、Alibaba、Tencentに比べると知っている人が多いかもしれません。

 

 

BATHはGAFAに勝てるのか

GAFAに比肩するほどの売上高を見せているBATHですが、
今のところは、中国本土を中心とした展開となっており、
GAFAほどはグローバル企業になりきれていない印象があります。
 
ただし、Huaweiなどが世界市場で頭角を現していることから、
今後、中国市場で地盤を固めた後に、AlibabaなどがAmazonに対抗して
まずはアジア、次に欧州アメリカを狙ってくることが考えられます。
 
BATHは、間違いなく今後数年のIT産業の中心となるので、動向に注目しましょう。