ゆとりゲーマーが『Undertale』をプレイしたら懐かしい気持ちがした

こんにちは、マスラオです。

遅まきながら、PS4版『Undertale』をプレイしました。

結論から言うと、もっと早くプレイしておくべきでした……!

 

 

 

 

『Undertale』ってどんなゲーム?

f:id:ikasen2011:20190519204240p:plain

 

製作者はたった一人のアメリカの青年

アメリカのゲーム開発者Toby Fox(トビー・フォックス)氏が、

3年近くもの年月をかけ、ほぼ一人で開発したインディーゲームです。

1991年生まれなので、2015年の完成当時、トビー氏は24歳ということになります。

24歳の若さで、これだけ奥行きのあるゲームを作れるのはすごい。

 

製作資金は、キックスターターのクラウドファンディングで調達。

当初の目標金額は5000ドルでしたが、その10倍の約50000ドルが集まったそうです。

 

オールドスタイルのRPGはもう飽きた

ゲームのジャンルはRPG。

一般的にRPGというと、敵モンスターを倒して経験値を稼いでレベルアップし、

ボスを倒してストーリーを進め、次の街に行く……といった流れが考えられます。

 

『Undertale』も基本的な流れはだいたい同じなのですが、

このゲームでは、敵を倒さなくても、ストーリーを進めることができます。

ボスであっても、倒さなくてもストーリーは進んでしまうんですよね。

もちろん、倒すこともできるので、どちらを取るかはプレイヤーに委ねられます。

 

f:id:ikasen2011:20190519204556p:plain

 

RPGにおいて、「敵を殺すのは残酷ではないか」論は結構昔からあり、

たとえば、『MOTHER』では、敵を倒した時のテキストで、

「殺した」とか「倒した」とか言わずに、「土にかえった」と表現していますね。

 

RPGで、毎回罪のないモンスターを倒すのが心苦しい方は、

『Undertale』のシステムがしっくりくると思います。

 

『MOTHER』っぽい雰囲気

上で名前が出ましたが、ゲームの雰囲気は、やはり『MOTHER』に近いです。

チープで味のあるドット絵と、語り口が面白い魅力的なキャラクター、

そしてほんわかしたなかにも怖さがあるストーリー。

 

f:id:ikasen2011:20190519204823p:plain

 

トビー氏は、かなり日本のゲームから影響を受けていて、

影響を受けた作品の中に、『MOTHER』も含まれるようです。

 

f:id:ikasen2011:20190519205311p:plain

こっちが『MOTHER2』

 

Twitterでも、糸井重里さんとのツーショットとかが見られます。

個人的な交流もあるようですね。

 

 

『Undertale』のここが良い

f:id:ikasen2011:20190519204921p:plain

 

メインストーリーが王道

変わったゲームシステムや世界観について説明したので、

「どうせ奇を衒った芸術性の高いゲームだろ」と思うかもしれませんが、

実はメインのストーリーはそこまで奇を衒ったものではありません。

 

簡単にストーリーを説明すると、

 

モンスターの住む地底世界に落っこちてしまった人間の子供が、

元の世界に戻るために、人間界と地底世界とのバリアを目指し

色々な人の助けを借りながら進んでいくお話です。

 

かなり王道ですよね。

 

メインストーリーを複雑にしすぎてしまうと、

ストーリーの考察にばかり気を取られて、世界を堪能できません。

 

もちろん、隠し要素や伏線など様々に張り巡らされたゲームではありますが、

初回プレー時に、馴染みある文脈で物語が進んでいくのは嬉しいです。

 

雰囲気が優しい

このゲームを、他のゲームと差別化している点は何かというと、

ゲーム全体に漂う、優しく、それでいてどこか狂った雰囲気です。

 

登場キャラクターは、自分以外は、敵も味方もすべてモンスターなのですが、

モンスターの中には、自分に優しく接してくれる者もいれば、

一般的なRPGにおける戦闘時のように、主人公に襲いかかってくる者もいます。

 

単純にモンスターだからと言って、すべて敵扱いとせず、

人間と同じように、感情を持ち、思考する一つの主体として扱うことで、

人間とモンスターの友情なんかを描いています。

 

f:id:ikasen2011:20190519205008p:plain

 

この辺りは、先に挙げた『MOTHER』や、

あとは異種族がたくさん出てくるゼルダの伝説シリーズにも近いです。

異種族の交流というテーマでいうと、『テイルズオブリバース』もそうですね。

 

ただ、本当に、モンスターのデザインがキャラクターごとに違いすぎるので、

上に挙げたゲームよりも、さらに賑やかで楽しいです。

 

会話がキャッチー

受け入れられる人と受け入れられない人がいると思うのですが、

RPGの会話としては異例なくらいキャッチーな会話が繰り広げられます。

 

f:id:ikasen2011:20190519202837p:plain

選択肢もかなりフランクです

 

この部分については、ローカライズの担当者にあっぱれと言いたいのですが、

SNS・インターネット時代の、現代の若者の言い回しやネットスラングを

完璧にトレースしており、出てくるキャラクターを身近に感じることができます。

 

たとえば「草」や「w」のような笑いの表現も普通に出てきます。

 

f:id:ikasen2011:20190519203006p:plain

「なう」とか言っちゃうわけです

 

メタ的な要素については、賛否両論分かれるでしょうが、

少なくともFFやDQのような真面目すぎるRPGの会話に飽きた人には、

新鮮に楽しめるはずです。

 

『バンジョーとカズーイの大冒険』のメタ発言が楽しめる人なら楽しめると思います。

 

f:id:ikasen2011:20190519203612p:plain

ふざけてますね〜(笑)

 

戦闘システムが面白い

一般的なRPGのように、

「攻撃/アイテム/逃げる」の中からどれか一つを選んで戦うだけではありません。

 

戦闘時メニューの中に、「行動」というものがあり、

これを選択すると、敵モンスターと会話することができます。

 

これによって、敵モンスターの態度が和らいで「にがす」こともできます。

戦闘中に敵と会話してバトルを終了させるのは、

『ペルソナ5』のバトルシステムに近いかもしれません。

 

また、ターン制という部分は普通のRPGと変わらないのですが、

こちらからの攻撃・モンスターからの攻撃両方に、アクション性が求められます。

 

たとえば、相手の攻撃をよける際は、

弾幕ゲームのように、四方から降ってくる敵の攻撃をよける必要があります。

 

f:id:ikasen2011:20190519203118p:plain

攻撃するときは、バーが中央にいったときにタイミングよくボタンを押す

 

f:id:ikasen2011:20190519203217p:plain

攻撃されるときは、赤いハートを白い攻撃から逃れさせる

 

f:id:ikasen2011:20190519204729p:plain

バトルの種類は様々

 

単調になりがちな戦闘システムに、アクション要素を持ってくることで、

戦闘そのものも楽しめるようになりますし、仮にレベルが低くても、

敵からの攻撃をずっとよけることさえできれば、強い敵にも勝てます。

 

このゲームで、レベルアップがそれほど意味を持たないのも、

自分の腕次第で、ある程度敵を倒せるからという理由もあると思います。

 

なぜこんなに評価が高いのか

で、プレイしてみての最大の謎がこれです。

 

なぜ、『Undertale』はここまで評価が高いのか

 

正直私自身はかなり楽しめました。

が、万人受けするゲームではないですし、インディゲームであることもあり、

粗を見つけようとすれば、それなりに見つかるゲームです。

 

ゲーム最大の批評サイトMetacriticでは、『Undertale』の評価は92点。

これは、『ウィッチャー3』や、『ブラッドボーン』などと同じ数値です。

小規模タイトルで言うと、『風ノ旅ビト』も、同じく92点です。

 

f:id:ikasen2011:20190519203504p:plain

 

「こういう」ゲームが好きな層は一定数いる 

『MOTHER』のフォロワー的作品って結構あると思うのですが、

『Undertale』ほどの完成度で発売までこぎつけたゲームは他にないと思います。

 

RPG、不思議な世界観、優しいキャラクター、独特の台詞回し、ドット絵等々……。

 

f:id:ikasen2011:20190519203712p:plain

 

f:id:ikasen2011:20190519203835p:plain

『MOTHER』も、不思議で優しい雰囲気

 

私もそうですが、美麗な3Dグラフィック全盛期でも、

一定数は、馴染みのあるドット絵でゲームを楽しみたいという人もいますよね。

普段グラフィックバリバリのゲームばかりやっているので、

たまには、落ち着いた2Dのゲームを楽しみたいという人も。

 

そういう層にどハマりしたのが、『Undertale』ではないでしょうか。

 

このゲームは、「それそれ!」というポイントを的確についてくるんですよね。

『MOTHER』系ゲームの正統なフォロワーということで評価されたのだと思います。

 

インディーゲームの火のつき方

ちょっと前までは、個人が製作したゲームがトップセールスに上がることなど

そうそうなかったわけですが、

『Undertale』しかり『Stardew valley』しかり、最近は個人製作のゲームが、

市場で巨大なセールスを上げることがあります。

 

f:id:ikasen2011:20190519203932p:plain

『Stardew valley』も個人製作で大ヒットしましたね

 

これは、個人でも商用ゲームを十分作れるようになってきたことが大きいでしょう。

Unityなどの開発環境やアセットの普及で、パソコン一台あれば、

誰にでもゲームが簡単に作れるようになりました。

 

特に、旧来型RPGであれば、難しいプログラミングの知識はほとんどいらないので、

ほぼアイデア勝負で、大手メーカーのAAAタイトルと競えます。

 

こうした時流の波に乗って出た作品が、

上に挙げた2タイトルだったり、『PUBG』だったりするわけですね。

 

大手メーカーのタイトルは、初めからある程度の需要が見込まれる反面

天井の予測もつきやすいですが、インディーゲームは予測が立てにくいです。

 

『Undertale』のように、口コミによって広がると、

じわじわと売り上げを伸ばしていき、気づくと100万本とか普通にあります。

 

販売価格が安いのも「ちょっと買ってみるか」という気にさせるんですよね。

 

「たまにはこういうゲームも」っていう人にオススメ

f:id:ikasen2011:20190519205755p:plain

 

ゲームの進化ってすごいですよね。

実写と見紛うばかりのグラフィックで、中東の戦場で銃をぶっ放せる時代です。

美しいファンタジーの世界で、世界崩壊を企む魔物を倒すこともできます。

 

ただ、もしあなたが、戦争物のFPSや、美麗グラフィックのRPGや、

ゾンビ物のTPSに飽き飽きしていたとしたら、

『Undertale』は、刺激をもたらす一本になってくれると思います。

 

しばらくゲームから遠ざかっていた方にもオススメ。

結構色々な機種で出ているので、ぜひプレイしてみてください。