【E3 2019】「バンジョーとカズーイ」のスマブラ参戦は、なぜ「歴史的」なのか

こんにちは、マスラオです。

「ニンテンドーダイレクトE3 2019」で、スマブラの参戦キャラが発表されました。

 

日本人には馴染み深いドラクエの「勇者」がオープニング一発目で紹介されると、

動画の終盤で、隠し玉的に「バンジョーとカズーイ」の参戦が発表。

 

小学生時代、『バンジョーとカズーイの大冒険2』にはまりまくった自分が、

「バンジョーとカズーイ」が参戦することの、歴史的な意味での凄さを語ります。

 

 

www.youtube.com

↑「バンジョーとカズーイ」参戦ムービーは38:17あたりから

 

ゲーム概要

f:id:ikasen2011:20190612205419p:plain

 

『バンジョーとカズーイの大冒険』シリーズは、

最初に、ニンテンドー64で発売されたゲームで、1と2の2本が発売されています。

また、2008年には、Xbox360で、8年ぶりとなる続編が発売されました。

 

◾︎タイトル:バンジョーとカズーイの大冒険

◾︎対応ハード:ニンテンドー64

◾︎発売日:1998年12月6日

◾︎ジャンル:アクションアドベンチャー

 

◾︎タイトル:バンジョーとカズーイの大冒険2

◾︎対応ハード:ニンテンドー64

◾︎発売日:2000年11月27日

◾︎ジャンル:アクションアドベンチャー

 

◾︎タイトル:バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦

◾︎対応ハード:Xbox360

◾︎発売日:2008年12月11日

◾︎ジャンル:アクション

 

実際には、2とガレージ大作戦の間に、

海外でのみ、GBAのレースゲームなどのスピンオフが発売されていますが、

いわゆる「本流」として評価されるのは上記3本でしょう。

 

さらに言うと、世界的にも評価が高く、日本人に馴染み深いのは、

64で発売された、1と2の2作品だと思います。

 

f:id:ikasen2011:20190612205536p:plain

 

今回のスマブラ参戦は何がすごい?

f:id:ikasen2011:20190612205752p:plain

 

海外の反応動画を見ても、ここまで盛り上がることは稀です。

それほど、バンジョーとカズーイの参戦インパクトは強いのですが、

それには、単純に、原作が傑作という以外に、ある理由が存在します。

 

かつてはニコイチだったレア社と任天堂

まずは、レア社と任天堂の関係から説明する必要があります。

 

『バンジョーとカズーイの大冒険』シリーズのディベロッパーであるレア社は、

もともと任天堂のセカンドパーティーでした。

(セカンドパーティーとは、特定のハードに対してのみ開発を行う会社のことです)

 

レア社が任天堂ハードで開発したゲームは以下の通り。

 

・『スーパードンキーコング』シリーズ

・『ゴールデンアイ 007』

・『ブラストドーザー』

・『ディディーコングレーシング』シリーズ

・『バンジョーとカズーイの大冒険』シリーズ

・『ドンキーコング64』

・『パーフェクトダーク』

・『スターフォックスアドベンチャー』

 

高い開発力を持ち、ミリオンヒットを連発。

スーパーファミコン後期から64時代にかけての任天堂を支えた立役者です。

 

マイクロソフトによる買収後、任天堂とたもとを分かつ

ところが、Xbox部門強化のため、2002年にマイクロソフトがレア社を買収。

 

以降、マイクロソフトが参入していない携帯ハードをのぞいて、

任天堂ハードにレア社のゲームが登場することはなくなりました。

 

ちなみに、マイクロソフトに買収される際、

それまで任天堂ハードで開発したゲームの版権は、任天堂とレア社で分けあいました。

 

その際、たとえば「ドンキーコング」は、任天堂のものになりましたが、

「バンジョーとカズーイ」は、レア社のものになりました。

 

そのため、任天堂ハードでバンジョーとカズーイが長らく出なかったのです。

 

歴史的な理由① 任天堂とレア社の19年ぶりのタッグ!

 

おかえり!バンジョーとカズーイ

勘の良い方は、今回の参戦トレーラーが素晴らしい理由も、わかったかもしれません。

 

そう、今回のトレーラーでは、レア社と任天堂がたもとを分かった時

バラバラになった二人の看板キャラクター、

「ドンキーコング」と「バンジョーとカズーイ」が共演しているのです。

 

f:id:ikasen2011:20190612210512p:plain

バンジョーとカズーイの登場に狂喜乱舞!

 

ともに、レア社がつくったキャラクターでありながら、

長らく同じハードで出ることもなく、ましてや共演すらなかった二人が、

今回スマブラという舞台で一緒になったのです。

 

歴史的な理由② ドンキーコングと、バンジョーとカズーイの初共演!

 

f:id:ikasen2011:20190612210854p:plain

「参戦!」は英語で"are Raring to Go!"と表現されています。"raring to"で「襲いかかる」という意味がありますが、これはもちろんレア(Rare)社を意識したメッセージライン

 

『バンジョーとカズーイ』の新作が期待できるかも?

ゲーム史に名を残す『バンジョーとカズーイ』を是非スマブラに登場させたい

という桜井氏の思いが、彼らをスマブラに登場させたことは間違い無いでしょう。

 

ただ、バンジョーとカズーイが久々に表舞台に姿を表したことで、

再び、バンカズブームに火がつく可能性があります。

 

マイクロソフトハードか任天堂ハードかわかりませんが、

再び、『バンジョーとカズーイ』シリーズの新作が遊べることを楽しみにしています。

 

歴史的なであってほしい理由③ バンカズの新作が遊べるかも