【ゲーム史上最高】『ゼルダの伝説 時のオカリナ』は、何がすごかったのか

こんにちは、マスラオです。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 』をプレイ中なのですが本当に面白いです。

 

ところで、多くのゲームファンと同じく、

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』が史上最高のゲームだと思っている私ですが、

「ブレスオブザワイルドは時のオカリナを超えた」と考える人もいるようです。

 

そんな人々に向けて、今一度『時のオカリナ』のすごさを伝えたいと思います。

『ブレスオブザワイルド』もスゴイですが、『時のオカリナ』はそれ以上にスゴイんです。

 

 

 

 

『時のオカリナ』は何がすごかったのか

f:id:ikasen2011:20190708221302p:plain

 

オープンワールドの先駆けとなったのがスゴイ

3D時代の幕開けは、このゲームと『スーパーマリオ64』を抜きには語れません。

特筆すべきは、『時のオカリナ』がオープンワールドの先駆けとなったことです。

 

f:id:ikasen2011:20190708230039p:plain

はじめて、「どこへでも行けた」

 

初代『ゼルダの伝説』も含め、日本製のオープンワールドゲームはありましたが、

N64発売以降の3D時代において、最初に広大なフィールドと

プレイにおける自由度を実現したのが、『時のオカリナ』です。

 

『時のオカリナ』が発売された翌年の1999年には、『シェンムー』が発売されますが、

『シェンムー』と比べると、『時のオカリナ』はマップの広がりに優位性があります。

街を細部まで作り込んだ『シェンムー』に対して、

広い世界を作った『時のオカリナ』は、3Dオープンワールドの基準になりました。

 

f:id:ikasen2011:20190708230143p:plain

『シェンムー』の登場。販売は振るわなかったが、オープンワールドの黎明期をつくる

 

世界のリアリティがスゴイ 

看板は剣の動きに合わせて切れ、投げたものは水に浮き、

釣りやレースやシューティングなどのミニゲームが世界各地でプレイでき、

ストーリーには関係しない貴重な武器や防具が眠っていて、

「どう楽しむかは自分次第」というコンセプトを初期に打ち出しました。

 

f:id:ikasen2011:20190708230316p:plain

様々な街でプレイできるミニゲーム

 

ゲームとして完成度が高いのはもちろんですが、

ゲームの世界にリアリティを持ち込み、

その後のトレンドを規定したという点において、『時のオカリナ』は価値があります。

 

操作性が完成されてるのがスゴイ

大抵、新システムを導入した第1作目は、実験的な作品になりがちですが、

『時のオカリナ』の場合は、3Dでの新しい操作性が違和感なく受け入れられました。

 

『時のオカリナ』の操作における新規性のうち、

有名なもので言うと、「Z注目」と「自動ジャンプ」が挙げられます。

 

f:id:ikasen2011:20190708230500p:plain

Z注目でターゲットの絞り込みが行える。これにより操作性は格段に上がった

 

f:id:ikasen2011:20190708230846p:plain

『トワイライトプリンセス』におけるZ注目

 

Z注目とは、戦闘時にZボタンを押すと、自動的に照準が敵に合うというものですが、

これにより、細かく位置を調整しなくても、攻撃を当てるのが容易になりました。

ちなみに、Z注目は、以降の3Dゼルダシリーズすべてで受け継がれています。

 

また、自動ジャンプとは、

隙間があるところに向かって方向キーを倒す(=走る)と、

自動でジャンプしてくれるというものです。

ジャンプ専用の他ボタンを押さなくても、自動でジャンプしてくれるので、

ユーザーは複雑な操作から解放され、謎解きに専念できます。

 

f:id:ikasen2011:20190708230631p:plain

段差に向かってスティックを倒すと自動でジャンプ

 

古いゲームは、操作性やグラフィックでマイナスがつきがちですが、

『時のオカリナ』に限っては、非の打ち所がありません。

現在プレイしても古臭さを感じさせない要因の一つです。

 

ストーリーが斬新なのがスゴイ

展開は早く、ストーリーは時代をまたぐ特殊で野心的な構成になっています。

子供時代と大人時代を行き来しながら謎を解いていき、

その繰り返しで自然にストーリーが進んでいきます。

 

f:id:ikasen2011:20190708231031p:plain

時の神殿で、マスターソードを抜き差しすることにより、大人と子供を行き来する

 

終盤はほぼ大人時代のリンクで過ごすことになりますが、

子供時代のリンクでないと解けない謎があったりと、

ストーリーと謎解きを違和感なくうまく調和させています。

 

『時のオカリナ』の評価は世界一?

f:id:ikasen2011:20190708225034p:plain

 

世界中のゲームレビューを集計して平均点を出すサイトMetacriticで、

歴代のゲームの中で最もスコアが高いのが『時のオカリナ』です。

 

www.masurao-channel.com

 

スコアは、単独トップの99点。

このスコアを超えるゲームはもちろん、並ぶゲームが出ることもないでしょう。 

 

国内外のゲームデザイナーにも、『時のオカリナ』に最も影響を受けたと言う人は多く、

名実ともに、世界最高峰のゲームと言うことができるでしょう。

 

ゲーマーなら『時のオカリナ』は必修科目

f:id:ikasen2011:20190708231249p:plain

 

ゲーム内容と、国際的な評価から、

『時のオカリナ』がなぜここまで高い評価を得ているのか見てきました。

 

しかし、すごさを知るのに最も良い方法は、実際にプレイすることです。

 

f:id:ikasen2011:20190708231334p:plain

 

f:id:ikasen2011:20190708231401p:plain

 

まだ、プレイしたことのない人はもちろん、

昔プレイして面白さがわからなかったという人も、

今一度、このゲーム史に残る傑作をプレイしてみてはいかがでしょうか。

 

プレイ後には、『時のオカリナ』がなければ『ブレスオブザワイルド』もなかったと

強く実感するはずです。